パソコン・インターネットを使った豊かな生活を応援します!!

EPSONのEP-802Aでのお話ですが、こんなことがありました。

スキャナで紙の資料を取り込んだみたところ、

image

こんな感じに、傾いて取り込まれました。

あれ?と思って、もう一度資料を真っ直ぐにセットして取り込み!

…やはり傾いています。

プレビューの画面ではちゃんと出ているのにおかしいなぁ。と思いつつ、よくよく見てみると、資料の中の地図の斜めに走っている道が真っ直ぐになるように取り込まれています。

もしや!と思って、スキャナの設定を確認してみると、image
「原稿の傾きを補正する」なるオプションが!

どうやら、この機能の誤認識で、傾いて取り込まれてしまったようです。

というわけで、このチェックを外して、再度取り込み!

image

無事に取り込みが出来ました。めでたしめでたし!

しかし、プレビューの画面では傾き補正が効いていないので、そこで設定した取り込み範囲とは違う範囲が取り込まれるのはインターフェイス的にどうかと思うのですが…。

天候があまり良くない状況で、ちょっとお出かけしないといけないことってありませんか?

例えば、

  • ちょっと郵便局まで行って、今日中に荷物を送らないと!
  • 明日必要になる文房具、近くのコンビニで買ってこないと!
  • 今日中に図書館に本を返しに行かないと!

といったような感じです。雨がザーザー降っている中、出かけるのはあまりいい気持ちでは無いですよね。

こんな状況で外出したい時にはお天気レーダーを使うと便利です。直近のこれまでの雲の様子を見つつ、これからの予想を見れば、数時間の精度でいつ頃外出すると雨の影響が少ないかを判断することが出来ます。

予想は6時間ぐらいしか出ないので、今日の午前に行動するのが良いのか、夕方に行動するのが良いのか?という判断をする場合には、その日の天気予報と組み合わせると良いです。

image

image

また、ゲリラ豪雨のような局地的な気候変動に対応可能なXバンドMPレーダの情報も公開されるようになってきましたので、そのようなデータも有用かと思います。

image

特に大阪市では、オークレーダという独自のシステムを公開しており、高精度のデータを簡単に利用できるようになっています。

image

オークレーダでは、港区弁天町オーク1番街のベイタワー屋上に設置した降雨レーダーで得られた観測データを国交省が設置しているXバンドMPレーダの観測データと合成して精度を向上させているそうです。

これらのお天気レーダーのページを、ちょっと気になる時にすぐに確認できるように、自宅のエリアを表示してお気に入りに登録しておくと便利です。

パソコンからだけでなく、携帯電話でもこういった情報を手に入れることが出来ますので、わざわざパソコンを立ち上げるのが面倒くさい場合には、携帯電話を利用出来ます。

 

関連リンク:

我が家で10年以上活躍してくれたレーザープリンターLP-800S(いつ買ったのか、既に記憶のかなただったので、調べてみたら1999年頃に買ったようでした)を、この度廃棄することにしました。そこで、どのように廃棄をするかGoogleで情報をいろいろ検索してみたのですが、最終的に、粗大ごみで出すことにしました。そこまでの顛末を記録として残しておくと、他の方の参考になると思いますので、以下に記します。

家電リサイクル法に関して

パソコンの廃棄の場合、家電リサイクル法の対象なので、PCリサイクルマークがついているかどうかや粗大ごみに出せないなどの制限があります。今回はプリンターの廃棄なので、家電リサイクル法の対象になるのかどうかが気になったので、調べてみたのですが、プリンターは対象外なので粗大ごみで問題ないということが分かりました。

無料引き取り業者の検索

ただ、粗大ごみで出すことを考えた時に、

  • 場合によっては、廃棄に費用がかかること。
  • 引き取り業者であれば、資源を活用してくれる可能性があること。

が気にかかった為、無料で引き取りをしてくれる業者を探してみました。

しかし、残念ながら、パソコンを無料で引き取ってくれる業者はパソコンファーム大畑商事をはじめ、多数見つかったのですが、プリンターを無料で引き取ってくれる業者はなかなか見つかりませんでした。そんな中で、大畑商事は無料で引き取ってくれるようなのですが、持ち込みか郵送する必要があるので、余計な手間や費用がかかってしまいます。他にも着払いで引き取りをしてくれる業者が見つかった、と思ったら、対象がパソコンのみだったりと。

と言うわけで、結局、業者に無料で引き取ってもらうのは難しそうなので、断念し、粗大ごみで出すことにしました。

12年間頑張ってくれたプリンター君は、来週の水曜日にお別れすることになりました。

今までありがとう、LP-800S!!

これまでは有料の月額プランを申し込まないと使えなかったSkypeのボイスメール機能が、無料でも利用できるようになったようなので有効にしてみました。

Skype(画面はWindows版 バージョン5.5.0.124で最新版 2012.2.7現在)の設定画面を開くとこんな感じになっていて「月額プランに申し込むとボイスメールを入手できます。」とあり、お金がかかるように思えます。

Skypeボイスメール01

しかし、SkypeのWebページを開いてサインインし、ボイスメールをクリックしてみると次のような画面になり「今すぐボイスメールを有効にする」ボタンがあるので、これをポチリ!

Skypeボイスメール02

これだけで、ボイスメールが有効になり、Skypeを一旦ログアウトして、再度ログインすると設定画面が変わっています。(下記画面はWindows版です)

Skypeボイスメール03

この画面で「通話に出なかった場合、Skypeボイスメールへまわす」のチェックを入れればOKです!オリジナルの応答メッセージを録音したり、ボイスメールに切り替わる時間なんかもこの画面で設定します。

 

関連リンク:

お菓子やスナック菓子についている懸賞を見ると、つい応募したくなってしまうのですが、いつも同じようなことを書いていると非生産的だなと思ってしまいます。

今日、お菓子の詰め合わせが届いたので、それをポリポリ食べながらそんなことを考えていたところ、

そうだ!プリンターで印刷したら楽ちんじゃないか!?

と思い浮かびました。そこで、そのようなソフトがあったら便利ではないかと思い、Google先生に尋ねてみました。

で、出てきたのがOKWaveのこの質問

懸賞応募に適したハガキ印刷ソフトを探しています – OKWave

主に懸賞の応募、ラジオ番組へのリクエスト、投稿、クイズ応募に適したソフトがなかなか見当たりません。
 大抵、宛名の文字が小さすぎたりして、体裁よく印刷できません。
 そこで、次の条件に適したハガキ印刷ソフトのお勧めがあれば、有料、無料を問いませんから、教えてください。

やはり同じ事を考える方がいるものです!専用のソフトが無いかなと思っていたのですが、回答を見てみると筆まめなら出来るとか、普通のはがき印刷ソフトなら出来るとあります。確かにはがき印刷ソフトを使えば問題は解決ですね!

実際には、それほどの手間の差は無いとは思うのですが、何種類か定形の応募要項を作っておいたり、よく応募する宛先を登録しておくと、チリツモ効果で、それなりの効率改善に繋がりそうです。

と言うわけでこれから応募する際にはこの方法でやってみたいと思います。日本郵便からはがきデザインキットと言う便利なソフトが無料で提供されていることですし。

関連リンク:

10.12にiOS5がリリースされ、10.15にiPhone4Sが発売されたのに合わせて、ではないのですが…。Let’s Talk iPad。と言うことで、iPadをテーマに、語り合いました。

今回集まったのは、定員いっぱいの8名。一般の告知前に定員に達してしまって申し訳なかったです。また、参加者の方が事務所を貸して下さったので、初の(と言っても3回目ですが^^;)長堀橋での開催となりました。

皆さんの期待はいろいろありながらも、

  • 他の方がどんな使い方をしているのか知りたい。
  • もっと便利な使い方があるのではないか。

そんな情報やヒントを求めているのは共通しているようでした。

大きく分けて、アプリ談義とiOS5の新機能について意見を出し合ったのですが、最初のアプリ談義が盛り上がり、iOS5の新機能について十分に時間がとれず、進行がまずかったと反省しました。次回は改善したいと思います。

アプリ談義

今回一番盛り上がったアプリ談義ですが、いろいろなアプリが話題に出てきましたので、ここでご紹介したいと思います。(価格は2011.11.10現在)

個人的には、教育用のアプリの充実ぶりに驚きました。iPadを導入した幼稚園の事例がありましたが、教育機関はどんどん導入して良いのではないでしょうか。その上でアプリ情報や活用情報なんかを共有し合うと非常に面白いと感じました。

顔時計 - アナログ時計スタンド
iReka Soft
(無料)
壁紙を好きな画像に変えられるだけのシンプルな時計なのですが、このアプリを起動していると自動ロックがされないと言う特徴があるので、トレーニング用として重宝しているそうです。

 

Excel Contacts Exporter
bitrzr, LDA
(170円)
Excel Contacts Exporter - bitrzr, LDA
連絡先をExcelファイルに出力してくれるそうです。

 

WorldCard Mobile – 名刺認識管理
Penpower Technology Ltd.
(1,000円)
WorldCard Mobile - 名刺認識管理 - Penpower Technology Ltd.
名刺をカメラで撮影して連絡先に登録する定番のアプリです。

 

なぞる距離測定
FLCL.jp
(無料)
なぞる距離測定 - FLCL.jp
地図上を指でなぞると、なぞった経路の距離を表示してくれるアプリ。

 

7notes for iPad
7 Knowledge Corporation
(800円)
7notes for iPad - 7 Knowledge Corporation
iPad単体でメモを取るのであればかなり便利。一太郎、ATOKのジャストシステムを創業した浮川夫妻が、新たに設立した会社で開発したアプリだけあって、認識精度、変換効率は非常に良いです。iOSの制約上無理なのでしょうけど、iPad標準のキーボードとして使えたらさらに嬉しいのですが。

 

Noteshelf
Ramki
(450円)
Noteshelf - Ramki
こちらもノートアプリ。文字認識はしてくれないですが、五線譜や方眼紙、スコアノートなど、様々な紙のスタイルを選べるのが特徴。書き心地が良く、写真を貼り付けてメモ出来るのが便利。

 

こびと観察入門
Asmik Ace Entertainment, Inc.
(無料)
こびと観察入門 - Asmik Ace Entertainment, Inc.
子供が喜ぶアプリ。

 

こくばん!
LOUNGE LLC.
(無料)
こくばん! - LOUNGE LLC.
教育用、と言うか、子供向け。黒板でお絵描きが出来ます。

 

ひらがななぞり
STX Games
(450円)
ひらがななぞり - STX Games
教育用。ひらがなをなぞって覚えます。iPhoneアプリですが。

 

フラッシュ暗算(公式)
Yuji Miyamoto
(350円)
フラッシュ暗算(公式) - Yuji Miyamoto
お子さんが実際にこれで訓練をしているのだそうなのですが、計算力の速さに度肝を抜かれました^^

 

日本の県 HD
NinjaQ
(無料)
日本の県 HD - NinjaQ
こちらは社会科です。都道府県の形を表示して、その都道府県を答えるというクイズが出来ます。

 

漢字力診断
NOWPRODUCTION, CO.,LTD
(無料)
漢字力診断 - NOWPRODUCTION, CO.,LTD
漢字の学習に。

 

インド式計算マスター2
PandoraHouse
(250円)
インド式計算マスター2 - PandoraHouse
いつの間にか2が出ていたんですね。インド式で2桁の計算を訓練するアプリです。インド式の計算方法を覚えて、繰り返し計算をして身につけます。

 

ごちカメ!
pzoku app
(85円)
ごちカメ! - pzoku app
料理の写真を美味しそうに撮影すると言う話の流れから出てきたカメラアプリです。撮影した写真を一眼カメラ風に加工できます。

 

Instagram
Burbn, Inc.
(無料)
Instagram - Burbn, Inc.
Instagramサービスと連動して使えるカメラアプリです。撮影時にフィルターでポラロイド風にしたり焼きを入れたりすることが出来るのが特徴で、味のある写真を簡単に作成できます。

 

Adobe® Connect™ Mobile for iOS
Adobe Systems Incorporated
(無料)
Adobe® Connect™ Mobile for iOS - Adobe Systems Incorporated
Web会議システム Adobe Connect用のiPadアプリ。使ってないけどどうなのかな?と言う感じで話題に挙がりました。

 

Sleipnir Mobile – Web ブラウザ
Fenrir Inc.
(無料)
Sleipnir Mobile - Web ブラウザ - Fenrir Inc.
個人的にはiPad向けWebブラウザの中で最強。タッチパネルの操作性を活かしたUIデザインが素晴らしいです。表示しているタブを指で動かしたり、ジェスチャーでタブを削除、再読み込みさせたり出来ます。いつの間にか有料版も出ていたんですね。

 

iOS5の新機能について

時間が少なくなってしまったので、あまり多くの話が出来なかったのですが、iOS5になってアプリが動かなくなったり、文字入力がしづらくなったと言う話題があがりました。が、新機能のフリック入力やキーボード分割、フリックのみの設定などを知らない方もいらっしゃった様で、それだけでもiOS5にする価値があると感動してくれたので、それだけでも今回のイベントを開催したかいがあったと感じました^^

 

終わりに

あっという間に90分という時間が過ぎてしまい、今回のネタはまだまだ話が尽きないようでした。ただ、iPad特有の話にはあまり絞れず、iPhoneと共通の話題が多く挙がったように感じました。iOSデバイスに関しては、何度でもテーマに出来そうなので、いろんな切り口を考えてみたいところです。

次回は、音声通話をテーマに、携帯電話、IP電話、ビデオ通話、チャットなどを題材に開催したいと思います。もし尺が余ったら、データ通信についても話題を広げようと考えています。

IT活用カフェでは、ITを活用したい方、活用しているが他の人の活用方法を知りたい方が集まってワイワイと話し合いが出来る場を企画していきたいと思っています。IT活用の情報交換をするべく、様々なテーマで定期的に開催したいと思いますので、ご興味がありましたら是非下記までご連絡下さい。

関連リンク:

Google+が88日でユーザー数5000万人を突破したと言う話も聞こえてきますが、Google+が9.21に一般公開されてから一週間とちょっと。既に活用されている人、まだ使っていないけど、興味があるので知りたいと言う方が多いだろう。と言うことで、久々のIT活用カフェを開催しました!

テーマは「Google+を語り合いましょう!」です。

場所は、京橋近くのOBP TWIN21 1F 上島珈琲店です。90分の時間を予定していたのですが、話が盛り上がり、時間が過ぎても話は尽きませんでした。

参加者の方々へは備忘録として、参加できなかった方々には雰囲気だけでもお伝えしたく、以下にダイジェストで話題を列挙したいと思います。

最初は各自、今回のIT活用カフェに関する期待を語りました。

  • twitterをメインで使用しているが、Google+だとどのような使い方になるのか興味がある。
  • 取り敢えず初めてみたが、右も左もわからない状態。こう言った場で、情報収集・情報交換が出来るのはありがたい。
  • ビジネスユースとしての活用はどうだろうか?

などなど。話はGoogle+以外のSNSの活用方法にも広がり、

  • Facebook, twitterとの使い分け。性質の違いに関する話題。
  • 取り引きのある業者とのコミュニケーションの取り方に関して。
  • オンラインサービスのオフライン時の取り扱いの問題。
  • 各種サービスをパーツのように集めて独自のプラットフォーム的な使い方をする。
  • mixiの良さ。
  • Google+に流れていた情報でBiz-IQと言うビジネス志向のSNSサービスが始まったこと。
  • Google+の情報の性質に関して。

など、話は尽きませんでした。最後にMacBook Air, iPad間の三者間でGoogle+ ビデオチャットを行いました。3G回線で2台のiPadを接続しているにも関わらず、ビデオチャットが出来るのには感動しました!同時に外部の人をその場で接続しようとしたのですが、残念ながらその方のAndroidのバージョンが2.2だった為、ビデオチャットに参加してもらうことは出来ませんでした。

Google+ ビデオチャットの様子

今回はGoogle+を題材にしましたが、IT活用カフェでは、ITを活用したい方、活用しているが他の人の活用方法を知りたい方が集まってワイワイと話し合いが出来る場を企画していきたいと思っています。今回はGoogle+を題材にしましたが、IT活用の情報交換をするべく、様々なテーマで定期的に開催したいと思いますので、ご興味がありましたら是非下記までご連絡下さい。

関連リンク